講演会

「個性的な発達をする子どもたち~発達障害を理解する~」という講演会へ。

興味があって参加したものの,動き回るかなの相手で落ち着いて話を聞くことはできず・・・。
横や後ろで動いている分にはいいものの,一番前にまで出て行っちゃうんだもの。
仕方ないので途中退散。

ところどころ耳に入った言葉で印象に残ったのは,
発達障害と言われるような子たちのことを,「わくわくするような子」っておっしゃってたこと。
発達障害の要素を持った個性のある子,という言葉も何度もおっしゃってたなあ。
科学者とか芸術家とか,天才的な人に多かったりするけど,こういう人たちは社会を発展させてくれてるわけで,というような話も出ていたような。
障害という言葉がそもそもそぐわない,ほんと個性的な発達をする,ということなんだよね。
そもそも,人はみんなそれぞれ違うんだけど。
軽はずみなことは言えないので,だからこそ,話をしっかり聞きたかったなあ・・・。残念。
もらった資料には気になるところも色々あったし,今度参加してたお友達に話を聞こうっと。

それにしても,しばらくこういう講演会は無理かな~。
追いかけると嬉しそうにきゃっとか言って逃げるから,追いかけるのも難しいし,自由人のかなをつかまえておくのは本当に難しい。
新しいオモチャも持って行ったのに効果なし!
お絵描きとか折り紙とかじっくり出来るようになるといいな~。
ま,我が子の発達に合わせて,無理はしないようにしないとね。
[PR]
by yukkororo | 2011-02-09 22:02 | Comments(0)