保護者会

ふうのクラスの保護者会。

6年生は人数があまりに少なかったので,クラスではなく,学年全体で一緒に。
学年全体でも10人そこそこ。いや~びっくり。
おかげで,他のクラスのママたちや他のクラスの先生方の話を聞くこともできて,面白かった!

ふうの学年は,いわゆる“いじめ”のような話はほとんど聞かず(私が単に疎いのかもしれないけど…),平和な感じなのだけど,
最近は“いじめ”ではなく,“いじり”というのがあるらしい。

“いじられる”子は,それでお友達と関係が持てて,そこに自分の存在価値を見出してしまいがちだけど,
それは本当ではない,ということを分かる必要があるって。
“いじる“子も,“いじめ”ではないから,とか,相手が喜んでいるから,と罪の意識を持たない。
でも,“いじり・いじられ”の関係がいいはずがない。

それぞれの存在を認め合って,自分も相手も大切にできる人になって欲しい・・・。

驚いたのは,携帯の保有率が思った以上に多そうだということ。
子どもどうしでメール交換をしている子も,結構いるみたい。
深夜にも携帯が鳴るんですよ,なんて人も。

携帯というツールは便利だけれど,生のコミュニケーションをもっともっと大事にして欲しい。
“顔を見ては言えないこともメールでなら言える”っていうのは,単純にいいこととは言えない。
色々な人とぶつかり合う経験も大事だよね。
生のコミュニケーションがしっかり出来る相手とメールするとか,連絡事項だけに使うとか,
携帯のいい面をうまく使えるならいいのかな。
携帯の怖さやマイナス面を知った上で使えるといいのだけど…。
携帯なら深夜でもいつでも送れる,っていうのは確かに便利だけれど,
相手の都合を考える,ということが,出来るようになるかなあ。
そういう気遣いや相手を思いやる気持ち,想像力が失われていくような気も・・・。

今の時代,携帯はある意味,なくてはならないツールになっているから,
携帯は絶対ダメって思ってるわけでもないけど,
それによって失われるものがあるとしたら,それを補うようにするのは大人の責任かな。

PCを使っている子も多いみたい。
親がコードを持って会社に行くとか,子どもが勝手に出来ないように工夫しているおうちも。
履歴を消しちゃったり,子どもの方がずっとうわて。

うちの子たちも,いずれは携帯も持ちたがるだろうし,自由にPCを使うようになるだろうな。
単にダメってするのではなく,それを上手に使って,いい面を育てられたらいいんだろうな~。

あとは,お金の話もあれこれ。
参考になる話もあるし,自分の考えを整理したり修正したりすることも(多少は)できる。
保護者会って結構面白い。
[PR]
by yukkororo | 2011-10-06 23:54 | Comments(0)